エイジ・オブ・ゼットではタワーディフェンスモードが醍醐味の一つと言っても過言ではないぐらい面白いです。タワーディフェンスモードを攻略する上では攻略ユニットの配置場所が勝敗を決定するぐらい重要になってきます。

エイジオブゼットでは、様々な地形でゾンビと戦えますが、地形にあったユニットの配置方法を知らないと簡単に倒されてしまいます。そこで、この記事では地形ごとの攻撃ユニットの配置方法について解説していきます。

進化レベルが高いユニットを優先して進化させよう!

エイジオブゼットのタワーディフェンスでは、ゾンビを倒すとポイントが得られ、ポイントを使用して攻撃ユニットを設置していきます。

ステージをクリアしていくごとにによってユニットをより強力なユニットにアップグレード出来るようになります。

おそらく多くのプレーヤーがつまずくであろう「ステージ7」の地形で解説したいと思います。

電磁タワーは角地に置くべし!

エイジオブゼット。画面内中央の2つのユニットが電磁波タワーです。
画面内中央の2つのユニットが電磁波タワーです。

電磁タワーは敵の進行スピードを遅くするユニットです。電磁タワーを置いた位置から円形状に効果を発揮します。

このユニットは必ず設置が必要で、敵が出てくる門の近くでなおかつ角地に置きましょう。

また、2つ以上置くときは、効果の円があまりかぶらないように配置してください。

横隣においてしまうと円がかぶってしまい地形の一部しかカバー出来なくなってしまいます。

敵の中でも特にゾンビ犬が進行スピードがかなり早く、攻撃だけでゴリ押ししようとしても逃げられてしまします。

電磁タワーを使用して一網打尽にしてください。

ロケット砲は電磁タワーの近くに置くべし!

エイジオブゼット。画像の一番左上にあるのがロケット砲ユニットです。
画像の一番左上にあるのがロケット砲ユニットです。

ロケット砲は、範囲攻撃ができるユニットで、電磁タワーの近くに設置してください。

敵が出てくる時は、集団でワラワラと進行してきます。最初に粗方ダメージを与えておくとその後が楽になります。

また、レベル上げができるようになったら真っ先にレベルをあげてください。

レーザータワーは数は少なめでも必ず置くべし!

エイジ・オブ・ゼット。ゾンビに攻撃しているのが、レーザータワーユニットです。
ゾンビに攻撃しているのが、レーザータワーユニットです。

レーザータワーは、次に書くマシンガンタワーよりも設置コストがかかります。しかし、その分攻撃力は強力なため、必ず1つは設置しておきたいところです。

場所としては、ロケット砲の近くに置きましょう。つまり、電磁波ユニットとロケット砲とレーザタワーは3つセットで近くに置くことがセオリーとなります。

マシンガンタワーは、設置する数で勝負すべし!

エイジオブゼット。右側の2つのユニットがマシンガンタワーです。
右側の2つのユニットがマシンガンタワーです。

マシンガンタワーは、レーザータワーより設置コストが少ないため、多く設置できるユニットです。

レーザータワーほど攻撃力は高くないですが、量産して設置できるためステージ開始直後と終盤には大活躍します。

特に終盤には設置ポイントがかなり貯まりますので、ガンガン設置していきましょう。

ユニット配置方法のまとめ

電磁波タワーは角地に設置し、ロケット砲は電磁波タワーの近くに設置する。レーザータワーも近くに置き粗方のゾンビを倒しましょう。あぶれたゾンビはもう一つの電磁波タワーを設置して足止めしておき、マシンガンで倒しまくりましょう。

おまけ情報 一時停止をフル活用しよう!

エイジオブゼット。進行スピードと一時停止。
進行スピードと一時停止

ゾンビの進行スピードは x1、x2、x4の3段階があり、進行を一時停止することも出来る。

慣れないうちはx1でも良いですが、慣れてくるとx1だとかったるく感じてしまいますので、スピードを上げるとサクサク攻略が進みます。

エイジオブゼットのタワーディフェンスでは、リアルタイムに攻撃ユニットを配置してゾンビを倒しまくっていきます。

でも、実は、一時停止中でも自軍の攻撃ユニットを配置したり、アップグレードできるのです。これを知ってからというもの

最初に地形を見てからじっくりと戦略を立て、ユニットを配置するようになりました。

ステージ攻略の途中でも、敵軍が大挙をなして攻めて来る時がありますので、自軍に攻め込まれそうになったら一時停止してじっくりと戦略を考えてみましょう。