(2020年2月26日更新)
ランダムダイス(RANDOMDICE)は、PVP(人vs人)のタワーディフェンスゲームアプリです。
ゲームルールはシンプルですが、チュートリアルが全くありません。そのため、最初は何をしたらいいのかさっぱりわからないと思います。そこで、対戦の基本とコツを解説します。

毎日すべきことを解説している記事も合わせてお読みください。↓

ランダムダイス攻略において毎日すべきこと を解説していますので、
合わせてお読みください。

敵を倒して対戦相手に送り込め!

対戦のコツは、「いかに対戦相手より早く敵を倒すか」です。

実は、ランダムダイスでは自分の陣地に出てくる敵を倒すと、相手側に敵が送りこまれます。タワーディフェンスゲームといいながら、パズルゲームのぷよぷよみたいなルールです。
もちろん相手側にも通常どおり敵が出現しますので、相手側にはより多くの敵が出現することになります。いずれ相手陣地に敵がいっぱいになり「あー、敵を倒しきれないー」と対戦相手がなってしまいます。
自分も相手もライフを3ずつもっていますが、赤い門のところを雑魚敵が3回通過すると負けです。(ボスの場合はライフを2削られます。)

そのため、敵が出てきたら可能な限り早く倒してください。
そのため、できるだけ早い段階で盤面を整える必要があります。
サイコロを合成したり、レベルアップをしたりして自軍を強くする方法を以下で詳しく解説します。

基本操作を簡単に解説します。

サイコロの生成方法とSPポイント

ROYALDICEの対戦画面です。
画面左下にある数字が手持ちのSPポイントです。

まず、画面下にある白黒サイコロをタップしてサイコロを生成します。サイコロを生成するのにはSPポイントというポイントが必要になります。

SPポイントは敵を倒すことでたまりますので、生成に必要なポイントがたまったらサイコロを生成します。ただし、サイコロを作るたびに次に必要なSPポイントが高くなっていきますので注意してください。

v
開始直後に4個サイコロを作りましょう

自軍には、戦闘開始にサイコロ4個分のSPポイントがありますので、戦闘開始と同時に4個のサイコロを作ります。このゲームは、敵が出てきたらいかに早く敵を処理するかが勝利へのカギになります。開始直後に1,2個のサイコロでは、敵をさばききれません。すぐさま4個サイコロを出してください。

RANDOMDICEにおいてサイコロの生成は、完全にランダムです。運要素がかなり強いです。最初の3,4個の生成でお目当てのサイコロが出てくればいいですが、出てこない場合は合成しましょう。合成で生成されるサイコロもランダムですが、1/5の確率でお目当てのサイコロに変化するかもしれません。お目当てのサイコロが出てくれば、それは合成せずに取っておきましょう。

サイコロを合成しよう

ROYALDICEの対戦画面です。
出目1の赤いサイコロ同士を合成しています

同じ柄の同じ出目のサイコロは合成することができ、合成してできたサイコロは、出目が必ず上がります。(出目1同士で合成すると2のサイコロ1個が出来上がります。)ただし、同じ柄で出目だけ上がることもあれば、違う種類のサイコロになる場合もあります。

サイコロを合成する時のコツ

サイコロを盤面に出したらついつい合成したくなりませんか?
それ、ちょっと待ってください。

サイコロを合成する時は、サイコロ1個を出せるだけのSPを保存した状態でしましょう。
2個のサイコロを合成することで、盤面からサイコロが減ります。
火の1と火の1を合成して火の2になれば攻撃回数は2で変わらないのでOKです。しかし、特に攻撃をしない補助的なサイコロになってしまった場合は、攻撃回数が0になります。この時、SPポイントが残っていればすぐさまサイコロを降り出して失われてた攻撃源を補充しましょう。
逆に盤面に補助系のサイコロばかり出てきてしまったら、攻撃してくれないので、すぐ合成しましょう。

もう一つコツがあります。実は、ランダムダイスではサイコロを合成してサイコロの目の数が増えても攻撃力は変わりません。攻撃する回数が増えるだけです。
攻撃力は、次に紹介する「サイコロのレベルアップ」をしないと上がらないのです。

サイコロのレベルアップをしよう

ROYALDICEの対戦画面です。
水色のサイコロをレベルアップしています

SPポイントはサイコロを生成する以外にも、サイコロのレベルをあげるのに使用できます。
レベルアップは画面したのLv.※と書かれたサイコロをタップすることで可能になります。

サイコロのレベルが上がると、攻撃力が上がったり攻撃速度が早くなったりします。効果はサイコロごとに違うので、サイコロの情報画面で確認してください。

ここでいうレベルとは、対戦中のみ有効なレベルです。対戦が終わると効果はなくなりますので注意してください。

反対にサイコロ自体のレベルは「クラス」と言います。クラスを上げるのは、サイコロの情報画面からできます。

デッキ構成のコツは、サイコロの構成バランスにあった!

サイコロには、それぞれに特殊効果があります。
サイコロごとの効果を考えて適した組み合わせでデッキを組みましょう。

ROYALDICEのデッキ画面です。
上段がデッキです。下段が所持サイコロです。

サイコロには攻撃型と補助攻撃型と2種類のサイコロがあります。

ROYALDICEのサイコロ情報画面です。
攻撃型は、攻撃に特化しています。

名前の通り、攻撃型は敵を攻撃するのに特化したサイコロです。

ROYALDICEのサイコロ情報画面です。
補助攻撃型は、一応攻撃しますが攻撃力は低い。

補助攻撃型は、攻撃型を支援する効果を持ったサイコロです。
例えば、攻撃速度を上げたりするサイコロです。

デッキには、5つのサイコロを入れることができますが、初心者の方は補助攻撃は1つにしておいたほうが無難です。サイコロ生成と合成が完全ランダムなので、補助攻撃のサイコロばかりが出た日には負け確定です。

ROYALDICEのサイコロ情報画面です。
鉄のサイコロは攻撃力が高いが攻撃が遅い

また、攻撃速度の遅い「棘(トゲ)のサイコロ」「鉄のサイコロ」などもデッキに入れる場合は、1つだけにしておきましょう。補助攻撃型と同様に速度が遅いために、棘サイコロばかり出ても敵を処理する前に負けてしまいます。

棘(トゲ)のサイコロをデッキに入れている場合は、開始直後にすぐ4個のサイコロを作るか、棘のサイコロを含めて3,4個のサイコロを作るのをオススメします。

棘のサイコロは、トゲトラップを作るのに時間がかかるし、できるだけ多く生成しておいたほうが有利だからです。
(一時期、鉄+トゲのデッキがメチャクチャ強かったのですが、2020年2月25日時点では、トゲや鉄は弱体化しましたので、あまり使われません。)

ランダムダイス攻略 の記事を他にも書いてますので是非見てください。