浪人ザラストサムライ攻略 | 修練について全種類解説!!効率よく上げるには?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では、「浪人:ザ・ラスト・サムライ」の修練について解説します。

また、効率よく修練を上げていく方法についても紹介しています。

修練は、とてもコスパのいい育成手段ですので、必ず上げるようにしてください。

では、まいりましょう。

→他にも浪人についての「能力」や装備品について解説しています。

目次

浪人ザラストサムライにおける修練とは?

修練とは、プレーヤーの基本ステータスを上げることができる育成方法です。

種類は9種類あり、攻撃力を上げたり、体力値を上げたりしてくれます。

金貨を消費することで、ルーレットでランダムに選ばれます。

やってみれば分かりますが、修練によりプレーヤーが強化されると、攻略のサクサク度が違います。是非とも修練は上げたいですね。

修練をする時に必要になる条件

修練をするには、以下の2つが重要になります。

  1. 金貨
  2. アカウントレベル

まず金貨ですが、修練をすればするほど、1回に必要な金貨数が上がっていきます。

そのため、金貨はできるだけ無駄使いせずに貯めておきましょう。

また、アカウントレベルが1上がるごとに3回ずつ修練が追加でできるようになります。

アカウントレベルは、ホーム画面の左上に表示されている数値です。

(将来的に、アカウントレベルの効率の良い上げ方の記事を挿入)

全修練の能力を解説

9種類ある修練について、個別に解説していきます。

巻き藁斬り

スクショ

効果 攻撃力増加
攻撃力は、攻略の基本となります。敵に与えるダメージが増加します。

応急処置

効果 戦闘中にレベルアップ時、体力回復

ステージ戦闘中には、戦闘中のみ有効な経験値があり、レベルアップしていきます。
その際に、体力が回復します。
ステージ戦闘中には、回復アイテムはなかなかドロップしないため、ありがたい修練です。

先見の明

効果 戦闘開始時、能力を1個選択可能

ステージを1つクリアするごとに、不可能力を3つのうちから選択できるのですが、一番最初にステージ開始された直後に1つ能力を選択できます。

瞑想

効果 戦闘開始時、奥義ゲージ5%充填

必殺技である奥義は敵を攻撃することで溜まっていきます。
奥義ゲージがステージ戦闘開始直後から溜まります。

体力鍛錬

効果 体力増加

体力の上限が増加します。

制圧

効果 敵の行動不能時間が増加

敵と自分には、体幹というゲージがあります。
防御していても一定数攻撃を与えられると体幹ゲージがたまり行動不能になります。
敵を行動不能にさせた時の持続時間が増加します。

弱点攻撃力

効果 クリティカル威力増加

クリティカル攻撃が発動した際の、攻撃力が増加します。

下肢強化

効果 体幹増加

敵と自分には、体幹というゲージがあります。
防御していても一定数攻撃を与えられると体幹ゲージがたまり行動不能になります。
体幹ゲージの上限を増やすことで、行動不能になりにくくなります。

装備改造

効果 装備性能増加

装備品の性能を上げることができます。
装備品は個別にレベルアップできますが、それとは別に全ての装備品に対して一定割合の性能増加となります。

効率よく修練を上げるには?

修練を効率よく上げるには、ポイントがあります。

コインがたまったら、「今すぐ」修練することです。

修練は、装備品のレベル上げとは異なり、一度上げたら継続して強化状態が続きます。
装備品は使わなくなると費やした金貨などが無駄になりますので、修練はその点でコスパ良いですよね。

修練するために必要なコインは、ステージ周回して集めます。

コイン貯める→修練する(プレーヤー強化)→ステージを周回してコインを貯めるの繰り返しです。

また、修練には上限回数があります。

1アカウントレベルごとに3回ずつなので、アカウントレベル上げも必要となります。

ただ、こちらはステージクリアして経験値を得るしかないので特効薬はないです。

でも、少しでも早くレベル上げしたいなら、ステージ内で出てくる能力で「経験値アップ」を選択してください。

まとめ: 修練上げは、コインの限りすぐさま実行する

今回紹介した様に、修練は一度上げれば、ずっと継続して効果を発揮してくれるものです。

特に序盤では修練の効果を実感しやすいので、他の育成よりも優先してすぐさま実行してください。

浪人:ザ・ラスト・サムライ
浪人:ザ・ラスト・サムライ
開発元:Dreamotion Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

家族や友達とシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる