アートオブウォーには、タンク(壁)役として、
「ブロウラー(エピッククラス)」と「神聖なシールドの衛兵(レアクラス)」という2種類の兵士がいます。

タンク役は、主に敵の攻撃を防ぐ壁としての役割があります。
レア度が高いのがブロウラーですが、基本ステータスが比較的低いです。
そのため、どちらを主に育てればいいのか迷われると思います。

そこで今回は、検証によりどちらがオススメなのかを決定したいと思います。

結論を先に言ってしまうと、
神聖なシールドの衛兵の方がオススメです。

今の所、ブロウラーの優位性はあまり感じられません。
特に、初心者には神聖なシールドの方がオススメです。

では、まいりましょう。

検証方法 同じ★の兵士で比較してみた

検証方法は、

ブロウラーと神聖なシールドの衛兵以外は同じ編成としています。
【1】前衛に2体の★5の「ブロウラー」を配置した場合と、
【2】前衛に2体の★5の「神聖なシールド」を配置した場合で比較します。

また、夜魔の衛兵やネクロマンサーは使用しないこととしました。
夜魔の衛兵は死んでも復活するし、ネクロマンサーはガイコツ兵を召喚するため、最終の兵士数がわかりづらいからです。

戦闘をおこなって、勝利しそうになった時点の自軍の残兵士数で判断します。

基本ステータスの違い:体力と攻撃力が主に違う

ブロウラーと神聖なシールドの衛兵のステータスを比較すると、以下のようになる。
主に体力と攻撃力に差が見られますね。

ステータスの見方については、

art of war 最強兵士ランキングの記事で解説しています。

ブロウラーのステータス

art of war legions攻略のブロウラーステータス画面です。

★5 体3750 攻320 防85  速1 人数9
★6 体5000 攻370 防90  速1 人数9
★8 体9000 攻440 防100 速1 人数9
スキル 範囲2 触発4 継続4

神聖なシールドの衛兵のステータス

art of war legions攻略のパラディン(神聖なシールドの衛兵)ステータス画面です。

★5 体5400  攻280 防80 速1 人数9
★6 体7300  攻320 防85 速1 人数9 
★8 体11100 攻400 防95 速1 人数9
スキル 範囲3 触発5

今回は★5で比較するので、神聖なシールドが体力650まさっており、
ブロウラーが攻撃で40だけまさっている。

スキルの違い:スキルを使用できる間隔が重要

ブロウラーは自分自身が盾になる

art of war legions攻略のブロウラーのスキル発動時の画面です。
見にくいですが青矢印がスキルの盾です。

スキル:Withstand
The brawler will support the shield after a few times of attack,
reducing the damage to friendly troops aroudn him.
訳 ブロウラーは何回か攻撃した後でシールドで防衛します。
そのシールドはブロウラーの近くにいる兵士のダメージを軽減してくれます。

効果としては、ブロウラー自身が青白い盾をはり、ダメージを軽減してくれます。
ブロウラーは、4回攻撃すると(触発4)、無条件で自身が縦となります。

神聖なるシールドの衛兵は盾効果を味方に与える

art of war legions攻略のパラディン(神聖なシールドの衛兵)スキル発動画面です。
見えにくいですが、青矢印がスキルの盾です。

スキル:Shield Of Light
Paladin will provide a shield against damage to their allies with low health.
訳 パラディンはHPの低い兵士に、ダメージを防ぐシールドを提供します。

効果としては、ダメージ軽減のバリアを弱った味方に与えることができます。
このバリアはヒーローにも提供することができます。

どちらもダメージ軽減という意味では同じですが、
神聖なるシールドの衛兵は、「体力の減った味方」のみです。

実際の検証 

メインステージ編

同じステージ・同じ編成で何度か戦闘をしてみましたが、
どちらも90前後の兵士を残して勝利することが多かったです。

ただ、ブロウラーは、味方の残り兵士数が90を割る事が多かったです。

art of war legions攻略のブロウラーメインステージ戦闘画面です。
自軍85:敵軍7です。
art of war legions攻略のブロウラーメインステージ戦闘画面です。
自軍66:敵軍4です。

一方で、神聖なシールドの衛兵は、安定して90台で推移していました。
たまに70台になりますが、まれでした。

art of war legions攻略のパラディン(神聖なシールドの衛兵)メインステージ戦闘画面です。
自軍99:敵軍4です。
art of war legions攻略のパラディン(神聖なシールドの衛兵)メインステージ戦闘画面です。
自軍75:敵軍6です。

アリーナ編

こちらもメインステージ同様です。
やはり神聖なシールドの衛兵の方が、味方の残り兵士数が多かったです。

原因推察

おそらくそれぞれのスキルの違いが影響していると思います。

神聖なシールドの衛兵スキルは、「体力の減った味方」にシールドを付与しますが、効果の範囲は書いてないです。
おそらく、神聖なシールドの衛兵の近くにいる兵士数体に効果があると思われます。
一度シールドが付与されると、衛兵から離れても効果が持続するため、敵に吹き飛ばされても問題ないのでしょう。

一方で、ブロウラーは自身が盾となって他の兵士を守るわけですが、ブロウラーから離れた兵士は、守られることはありません。

これらの違いから、神聖なシールドの衛兵のスキルの方が効果的であると思われます。

結論

ブロウラーと神聖なシールドの衛兵であれば、
同じ★数なら「神聖なシールドの衛兵」の方が強いという結論になります。

神聖なシールドの衛兵は、レア度の割にかなり使える兵士です。
また、入手性が良いので使いやすさでもこちらの方が上ですね。

メインステージを進めていくと、神聖なシールドの方が先に開放され入手可能になります。
初心者の方は、ブロウラーより先にお世話になるため、神聖なシールドの方が使う機会は多いでしょう。

もし、「違うよ!ブロウラー最高!」って場合はコメントください。

では楽しいゲームライフを!しーゆー。