この記事では、ジェットパックジャンプの小ネタ集を書いてみたいと思います。

ブーストは一気に噴射した方がいいのか。小出しにすべきか?

動画広告では小出しにしていますが、ジャンプ後に一気に使った方が飛距離は伸びやすいです。そのため、ジャンプした後は画面をずっと触った状態にしておきジェットを一気に噴射しましょう。

着地するキャラクター部位によって飛距離は変わるのか?

ジェットを使用した後にキャラクターの体が足から着地する方が大きくバウンドして飛距離が出やすい傾向にあります。

逆に頭からの着地はバウンドしにくく飛距離があまり伸びません。

ジェットを使うときのキャラクターの角度は飛距離と関係あるのか?

特に物理エンジンを使っていないですし、無風状態ですので影響は少ないです。

ただし、キャラクターがジャンプして一番高い地点での角度は重要です。キャラクターの顔が地面と平行か少し上向きが一番望ましいです。

飛距離が出なかった時の途中での諦め方

ジェットを使用してしまうと着々まで何もできませんが、ジェット使用前までの着地時に画面タップをしないとキャラクターはその場でコケてそのままゲーム終了できます。

あまり飛距離が出なさそうだなと思った時はあえて何もせずゲーム終了させましょう。時間短縮につながります。

帽子と飛距離の関係は?

正直言って、ありません。帽子はコレクション要素として考えましょう。それよりもジャンプとジェットの強化を頑張りましょう。

新しい帽子をもらえるタイミング

100mごとに記録更新すると貰えます。合計で26個帽子がありますので、最低でも3300mは飛べるということになります。