アニマルフロンティアにおいて、編成と配置は育成に並んでに重要な要素です。
超序盤は何も考えずに、強い英雄を並べておけば勝てます。
ただ、それだけだと割と早い段階で詰みます。

編成」は、英雄の「陣営」を意識することが大切です。
陣営は属性とも言いかえられ、同じ属性で固めるとパーティー全体が強くなる陣営ボーナスがあります。

また、「配置」ではガードする英雄と攻撃する英雄を決めます。
攻撃者がいかに死なないようにするかが重要です。
あえて英雄をすぐ倒させて、スキル効果を発動させるという小技もあります。
同じ編成でも「配置」順が違うだけで勝率が変わりますのでこちらも意識していきましょう。

アニマルフロンティア攻略 勝てる英雄の育成方法 について解説しています。合わせてご覧ください。

編成は「4-2編成」か「全部同陣営」を目指そう

アニマルフロンティアでは、1パーティに6体の英雄を編成して戦います。
英雄はそれぞれ「陣営」という、いわゆる「属性」のようなものをもっています。
英雄の右か左上にマークが付いていて「温厚」陣営や、「凶暴」陣営などがあります。

そして、パーティー内にいる「陣営の数」によって、「陣営ボーナス」という効果が発動します。

アニマルフロンティアの陣営ボーナスの紹介画面です。
一番下が6体同陣営のボーナス内容です。

パーティ全体のステータスが上がりますので、意識していきましょう。
特に序盤は、「4-2編成」を目指しましょう。

4ー2編成は割と簡単

アニマルフロンティアの4-2編成のマークです。
4体と2体がそれぞれ同じ陣営の場合です。

4-2編成とは、4体同じ陣営+2体同じ陣営という組み合わせです。
陣営は、温厚陣営と凶暴陣営で組むのが簡単です。

序盤からいる英雄の中でも、「セイウチシーフ(温厚)」と「ライオンシーフ(凶暴)」は使いやすいので、これらを元に他の英雄を編成していくといいでしょう。

より上を目指すなら全部同陣営を狙おう

アニマルフロンティアの6体同陣営のマークです。
6体全てが同陣営です。

「全部同陣営」は、6体全てを同じ陣営で揃えた場合の編成です。

この場合、パーティ全体の攻撃とHPが40%も増えます。
これがメチャクチャ強いので可能であれば6体同陣営を目指しましょう。
この場合も、温厚か凶暴陣営で揃えるのが簡単かと思います。

中盤になってくると敵が強くなってくるので、レベルを上げていても詰む時があります。
その際は、この陣営効果を意識すると勝率が上がります。

そのため、単体では弱い英雄(タートルなど)を、編成ボーナス目当てで入れるのもアリです。
ですが、弱い英雄を編成するなら、「倒された時にスキルを発動する英雄」がいいですね。
例えば、タートルメイジは、敵に倒されたときにパッシブスキルが発動します。
(戦士すると、敵の防御力を下げるスキル)

そのため、パッシブスキルが使えるようになるレベルを11まで上げるだけでいいです。
どうせすぐ倒されるので、それ以上レベルを上げるのは素材の無駄です。

英雄の配置は前衛と後衛で分けて考えよう

アニマルフロンティアの配置の画面です。

前衛はガードの英雄がオススメ

アニマルフロンティアでは、自分たちは敵の前衛から攻撃していきます。
敵も同様に、前衛の英雄を攻撃してきます。
(中には後衛から攻撃したりする英雄もいますが、解説上ひとまず無視します。)

このゲームは、いかに後衛の攻撃者を温存するかが重要になってきます。
そのため、前衛にはガードタイプの英雄を配置することをオススメします。

前衛3体とも高レベルのガードを揃えるのはなかなか難しいので、1体だけでも大丈夫です。
メインステージが進むごとに敵が強くなってきますので、英雄が弱いと一撃で倒されます。
ですので、3体とも中途半端に育てるよりも、1体を強化したほうが、より長く攻撃を耐えてくれます。

また、ガードの英雄は、攻撃を受けた時に敵を毒状態にするなどして毎ターンダメージを与えるパッシブスキルを持っていることが多いです。

そのため、ガードは一石二鳥です。

オススメは、セイウチガードやシカガードなどです。

アニマルフロンティアのセイウチガードのステータス画面です。
セイウチガードは、攻撃を受けると敵に毒効果を付与します。
アニマルフロンティアのシカガードのステータス画面です。
シカガードは、攻撃を受けると敵に毒効果を付与します。

では、後衛はどのような英雄を配置するのがいいのでしょうか?

後衛は全体攻撃スキルをもった英雄がオススメ

前衛は敵の攻撃を受けて、後衛者を守る役割があると解説しました。

そしたら後衛には、攻撃者を配置していきましょう。
かといっても、普通の攻撃でチマチマとダメージを与えていては正直勝てません。
そこでオススメなのが、全体攻撃のアクティブスキルをもっている英雄です。

例えば、セイウチシーフ、アライグマシーフ、ネコメイジなどがそれに当たります。

これらは、入手性がよくかなり使いやすい英雄です。

アニマルフロンティアのセイウチシーフのステータス画面です。
最初から持っている英雄のくせにかなり使える

セイウチシーフは、最初からもっている英雄です。

アニマルフロンティアのアライグマシーフのステータス画面です。
アライグマシーフは割と最強だと思っている

アライグマシーフは、ガチャでかなり出やすいです。
星4なのに、アクティブスキルがめちゃくちゃ強くてかなり使えます。

アニマルフロンティアのネコメイジのステータス画面です。
ネコメイジは課金しても手に入れたい英雄です。

ネコメイジは、120円の課金で100%手に入ります。

ライオンシーフは少し特殊配置です

ライオンシーフも序盤から持っている英雄ですが、配置が少し変則的です。
ライオンシーフのアクティブスキルは、「自分がいる列と同じ列の敵を攻撃し、もし同じ列に敵がいなくなると敵のいる列を攻撃」します。
本当は後衛に配置して長く生きながらえてほしいのですが、あえて前衛に配置します。

アニマルフロンティアのライオンシーフのステータス画面です。
ライオンシーフは、列攻撃のスキルを持っています。

理由は、以下です。
ライオンシーフ以外の英雄は、敵の前衛から攻撃します。
ライオンシーフだけスキルで後衛を攻撃しても、なかなか敵が倒れず効率が悪いのです。
前衛に配置することで、敵の頭数を早く効率的に減らしていくのです。

貴重な列攻撃者なので、できる限り生き残ってもらうためにも、前衛の左端に配置しましょう。
前衛の真ん中と右端にはガードを配置してライオンを守るようにしてください。

ワンポイント
同じ速度の英雄がいる場合は、配置番号の少ない順番から攻撃します。
前衛の右端が1で後衛の左端が6です。1から6の順番で攻撃していきます。